呼吸のためのヨガ


唐突ですが、、あなたがイメージするヨガの練習は、どんなやり方ですか?

 

一般的なスタイルだと、ポーズをとった状態をキープしてゆっくり呼吸するみたいな??

 

柔軟性や筋力があるなら、こういった“ポーズありきでの呼吸”もいい効果が期待できます。でも、柔軟性がなかったり筋力がなかったりだと、ちょっと苦しく感じちゃうかもしれません。

 

一方、アーカーシャの練習は“呼吸ありきでポーズ”を行うんです。

 

このスタイルでは、どなたでも快適かつ安定してポーズを練習できます。

そのうえ、何より何より、呼吸と言えば生理機能との関係性!

 

呼吸を長くすることだけじゃなく、内側から機能する呼吸をクリシュナマチャリヤ師の伝統に則りご提供します。

 

 

アーカーシャのヨガについてはこちら


クリシュナマチャリヤについて


Tirumalai Krishnamacharya (November 18, 1888 – February 28, 1989)

 

「現代のヨガの父」と称されるクリシュナマチャリヤ師はヨーガのみならず、インド哲学の6学派すべての学位を保持する、ヴェーダのエキスパートでした。

 

2012年(日本では2016年) には、師のドキュメンタリー映画『聖なる呼吸 / Breath of the Gods』が公開されました。

 

残念ながら、この映画では呼吸についてほとんど語られていませんが、古い文献に基づき“呼吸”を柱にしたヨガを構築した師の教えは

 

Surgery without Instruments (器具を使わない手術)と表現され

 

  • 基本的に1対1=個人に合わせた練習
  • 呼吸に特化した練習
  • 練習にヴェーダの詠唱を取り入れる(個人による)

 

などを大きな特徴としています。


Akashaで学べること


グループクラス

(3人未満の少人数制)

1回ごと都度払いクラスです

 

お仕事帰りのヨガクラス

(1対1のプライベートレッスン)

1回ごと都度払いクラスです

   

個人のためのヨガクラス

(1対1のプライベートレッスン)

コンサルテーション1回+クラス4回のパッケージ

 

マントラ(ヴェーディックチャンティング)クラス

ヨガ哲学を学ぶクラス

 (1対1~2人のプライベートレッスン)

テーブルとイスで学ぶ座学クラスです

1回ごと都度払いクラスです

 

ワークショップ

1回ごとにテーマのある講座です


Akasha = アーカーシャ


空/Space 風/Air 火/Fire 水/Water 地/Earth

 

この中で、アーカーシャは “空/Space” です。

 

インド哲学によると、アーカーシャは“音”に由来しており、“聴力”と“喉”に関係があることから

 

正しく聴き、正しく話す、“コミュニケーション”を教室のコンセプトにしています。


Akasha/Mika プロフィール


2005年1月 ハタヨガ指導者養成コース修了と同時に、おもにフィットネスクラブにて指導開始

 

2007年5月 マントラを通してクリシュナマチャリヤ師の伝統に出会う

 

2011年9月 クリシュナマチャリヤ・ヨーガ・マンディラム(Krishnamacharya Yoga Mandiram) ヴェーディックチャンティング ティーチャートレーニングプログラム 240時間 修了

 

2014年7月 この伝統におけるシニアティーチャーのひとり サラスワティに出会う

 

2010年3月に始まり、2019年1月現在14回の渡印にて、クリシュナマチャリヤ師の伝統の学びとともに、先生や友人たちとの親交を深めている

 

ヨガとの出会い、マントラとの出会いはこちら

SNS等のリンクはこちら


Akashaの所在地について


京急線鶴見市場駅から徒歩5分に位置する、築40年の一軒家にアーカーシャはあります。

 

ご近所も住宅であり商業施設ではないため、所在地をお知らせしていません。

 

初回時は、駅までお迎えにあがります。

ご承知いただきますよう、お願いいたします。


お問合せ


メモ: * は入力必須項目です