ご質問はLINE公式アカウントでもお問い合わせいただけます。


こちらをタップまたはクリックすると、ヨガ教室アーカーシャを友だち追加できます。


個人のためのヨガ / ヨガセラピー


アーカーシャは、練習を日々の生活に取り込んで実践するためのお手伝いをしています。

 

その要となる考え方は、1人1人のライフスタイルやキャパシティにフィットするように、練習を目的(欲しい効果)に合わせてプランニングすることです。

 

イメージしやすいのは、リハビリのために通う理学療法の流れです。

 

リハビリでは理学療法士が適宜必要な機能訓練をプランニングして、数週間後に評価のためにまた来ていただきます。

 

このときに機能訓練ではなくヨガの練習を適用するのがヨガセラピーです。 

 

その軸となるのが呼吸であり、呼吸を柱としたヨガの効果は身体的な不具合解決にとどまらず、循環や消化や排泄といった生理的機能から、それらすべてに起因する心理的作用までに及びます。

  

 

練習についての説明はこちら

アーカーシャのヨガについてはこちら

受講者のご感想はこちら


クリシュナマチャリアについて


Tirumalai Krishnamacharya (November 18, 1888 – February 28, 1989)

 

「現代のヨガの父」と称されるクリシュナマチャリヤ師はヨーガのみならず、インド哲学の6学派すべての学位を保持する、ヴェーダのエキスパートでした。

 

2012年(日本では2016年) には、師のドキュメンタリー映画『聖なる呼吸 / Breath of the Gods』が公開されました。

 

残念ながら、この映画では呼吸についてほとんど語られていません。

 

古い文献に基づき“呼吸”を柱にしたヨガを構築した師の教えは、Surgery without Instruments (器具を使わない手術)と表現され

  • 基本的に1対1=個人に合わせた練習
  • 呼吸に特化した練習
  • 練習にマントラの詠唱を取り入れる(個人による)

などを大きな特徴としています。


Akashaで学べること


個人のためのヨガクラス

(1対1のプライベートレッスン)

3回のパッケージコース

 ✔自宅で自分で練習したい

 ✔具体的な症状があり、そのためにヨガをしてみたい

 ✔呼吸法を正しく習得したい

 ✔ポーズありきじゃないヨガの練習がしたい

 ✔地道に自分と向き合う時間がほしい

 ✔日々疲れてやる気がおきない
 ✔気持ちが焦りやすく、落ち込みやすい

 

マントラ(ヴェーディックチャンティング)クラス

ヨガ哲学を学ぶクラス

 (1対1のプライベートレッスン)

テーブルとイスで学ぶ座学クラスです


Akasha = アーカーシャ


空/Space 風/Air 火/Fire 水/Water 地/Earth

 

この中で、アーカーシャは “空/Space” です。

 

インド哲学によると、アーカーシャは“音”に由来しており、“聴力”と“発話”に関係があることから

 

正しく聴き、正しく話す、“コミュニケーション”を教室のコンセプトにしています。


Akasha/Mika プロフィール


2005年1月 ハタヨガ指導者養成コース修了と同時に、おもにフィットネスクラブにて指導開始

2007年5月 マントラを通してクリシュナマチャリヤ師の伝統に出会う

2011年9月 クリシュナマチャリヤ・ヨーガ・マンディラム(Krishnamacharya Yoga Mandiram)ヴェーディックチャンティング ティーチャートレーニングコース 240時間 修了

2019年7月 ヨーガ・ヴァヒニ(Yoga Vahini)ヨーガ ティーチャートレーニングコース 500時間 修了 - RYT500

 

2010年3月に始まり、2020年1月まで16回チェンナイを訪れている

 

2005年から2019年までの歩みはこちら


Akashaの所在地について


鶴見駅と川崎駅のちょうど真ん中、京急線鶴見市場駅から徒歩5分に位置する築40年の一軒家にアーカーシャはあります。

 

ご近所も住宅であり商業施設ではないため、所在地をお知らせしていません。

 

初回時は、駅までお迎えにあがります。

ご承知いただきますよう、お願いいたします。


お問合せ


メモ: * は入力必須項目です