瞑想はどういうもので、どういう効果があるのでしょうか

多くの場合、瞑想に興味を持つ最初の目的は頭の中のおしゃべりを止めたいことや思考や感情が暴走を抑えたいことだったりしませんか?

 

そこからさらに大きく2つ①ヒーリング目的と②本質的な自分自身に向かう目的に分かれると考えています

 

①の場合には誘導瞑想であることが多く

②の場合には自分自身に集中することが求められます。

 

アーカーシャで提供する哲学に則った瞑想は②にあたります。

 

一点集中するための鍵は呼吸で、そのためのテクニックをお伝えしています。

 

そこから練習の土台となる哲学を学んだり、さらに深い瞑想の実践へと進みます。


ヨガといえばポーズ、その理由について

ヨガのポーズはサンスクリット語でアーサナといいます。

 

アーサナの語源はto stay, to sitであるため

瞑想のために快適に安定して座ることが目的だと解釈されることもあります。

 

一方、哲学から紐解いたアーサナの見方はそうではなく

 

アーサナ自体が②集中するために行う瞑想のひとつであり

 

マインドの暴走を落ち着けて、さらに深い瞑想に向かうためのプロセスなんです。

 

そうなるとやっぱり、①と②では練習のテクニックやフォーカスポイントも異なります。

 

そんな②を提供しているアーカーシャの練習を、ぜひご体験くださいね!


瞑想とエンパワーメント

マインドのアップダウンが落ち着くと、自分自身の内側を感じ取りやすくなります。

 

その結果、周りに影響を受けなくなったとおっしゃる生徒さんは多いです。

 

さらに体の不具合にばかり集中することが少なくなったり、人間関係がシンプルでラクになります

 

つまり、人生をじょうずにサバイブできるようになるんです。

 

女性は調和を重んじる傾向が多くあって、ものごとをスムーズに運ぶことが得意な一面、どうしても自分のことを抑えがちだったりします。

 

そのことで体に不調が出たり、周りの人に不機嫌な対応をしてしまったり、、

 

その根っこにあるのが、こうしたほうがいいって考えられているような社会通念、誰かから言われたようなこと、どこかで見聞きしたことetc.

 

こういった自分を縛っている思い込みから自由になることが瞑想の持つ力なんです🌈✨


教室名 アーカーシャの由来

空/Space 風/Air 火/Fire 水/Water 地/Earth

 

インドの古代語であるサンスクリット語で、アーカーシャは “空/Space” です。

 

ヨーガ学派の伝統的なヨガをお伝えする空間として、教室名をアーカーシャにしました。

 

また、インド哲学によるとアーカーシャは“音”に由来しており、聴くことと話すことに関係があることから、誠実なコミュニケーションを教室のコンセプトにしています。


Mika|ヨガ瞑想・マントラ・ヨーガ哲学の教師

2005年1月 ハタヨガ指導者養成コース修了

2007年5月 マントラを通してクリシュナマチャリア師の伝統に出会う

2011年9月 クリシュナマチャリア・ヨーガ・マンディラム(Krishnamacharya Yoga Mandiram)ヴェーディックチャンティング ティーチャートレーニングコース 240時間 修了

2019年7月 ヨーガ・ヴァヒニ(Yoga Vahini)ヨーガ ティーチャートレーニングコース 500時間 修了 - RYT500

 

2010年3月に始まり、2020年1月まで16回南インド チェンナイを訪れている

 

2005年から2019年までの歩み


所在地について

鶴見駅と川崎駅のちょうど真ん中、京急線鶴見市場駅から徒歩5分に位置する築45年の一軒家にアーカーシャはあります。

 

ご近所も住宅であり商業施設ではないため、所在地をお知らせしていません。

 

初回時には、駅までお迎えにあがります。

ご承知いただきますよう、お願いいたします。