etc. · 18日 2月 2020
インド哲学がいうところの、苦しみは3つ。 1つめは、じぶん自身が原因になる苦しみ。 強い欲望・怒り・強欲さ・思い込み・傲慢さ・嫉妬 etc.マインド(思考)の汚れが、病気の元だったりトラブルの元になるもの。 これを回避するためには、ヨガだったらヨガのポーズとか呼吸法とかしてマインドの汚れをクリアにすること。...
etc. · 16日 2月 2020
心を落ち着けるってよく聞きますよね。 落ち着けるのは心なのかマインド(思考・気分・感情)と言ったら、やっぱり正しくはマインドなんです。 どちらも同じなんじゃないかなって思うかもしれませんが、そうじゃないことを説明しますね^^ ・・・ 心には3つ意味があります。 ひとつは臓器としての心臓。 ひとつには太陽神経叢のコンセプト。...
etc. · 09日 2月 2020
アシュタは“8”で、アンガは“part/limb”という意味です。 合わせてアシュターンガと読みます。 この言葉はヨガスートラの中で、ヨガの8つの枝葉として説明されています。 (1) ヤマ : 社会(他者への振る舞い)に対する規律・鍛錬 (2) ニヤマ : じぶん自身に対する規律・鍛錬 (3) アーサナ:ヨガのポーズ (4) プラーナーヤーマ:呼吸法 (5)...
About Akasha · 13日 1月 2020
シェイプアップのためや筋力アップのためっていうのはここ数十年の後付け的キャッチコピーですが、そこから入った人も何かしらもっと深いものを感じているのではないかと思います。 ヨガの定義は、その語源からだったり古典からだったりさまざま。...
06日 1月 2020
06日 1月 2020
etc. · 18日 11月 2019
ヨガ哲学をかじったことのある人なら、これらふたつのサンスクリット語を耳にしたことがあるかもしれません。 なぜなら、ヨーガスートラが示すヨガの定義のためのソルーションだからです。 その定義とは、マインド(思考・気分・感情)のアップダウンを穏やかにすること。 さらにその先にある目的は、本当のじぶんを知ることです。 ・・・...
etc. · 03日 11月 2019
スヴァーディヤーヤは経典による学びという意味です。 さらに補足するなら、本を読んでお勉強することではなく先生から学ぶことをさします。 そのことからの内観/内省を含めてスヴァーディヤーヤといいます。 スヴァーディヤーヤのプロセスは Shravana / シュラヴァナ:to hear / 聴くこと Manana / マナナ:to reflect / 熟考すること → 疑問があったら先生に聞く Nididhyasana /...
About Akasha · 27日 10月 2019
アーカーシャでは、日々ご自宅で行うためのヨガの練習を提供しています。 毎日練習するためには、じぶんに合った内容でなければ難しいもの。 そのための土台となるのが、個々に特定のヨガを適用するという意味を持つヴィニヨガ/ViniYogaのコンセプトです。...
etc. · 03日 10月 2019
ヨガが一時の流行から成熟しつつある現在では、それぞれの伝統でそれぞれの解釈や主張があります。 何を選んでどう実践するかは、個人の好みであって自由です。 それを前提としてクリシュナマチャリヤ師の伝統、すなわちヴェーダ(インド哲学)の1学派としての見方(ダルシャナ)でアーサナとプラーナーヤーマについて説明します。 ・・・ Yoga Sutra 2.46 sthirasukhamasanam |...

さらに表示する