etc. · 2020/09/19
1 Prāṇa Vāyu (吸う息に関係) 喉からみぞおちにかけて下に向って流れるエネルギーで、呼吸や食べ物や五感を通して得たエネルギーを取り込む機能を持つ。 2 Samāna Vāyu (吐く息に関係) おへそに向かって集まるように流れるエネルギーで、(精神的・肉体的)消化および必要なものといらないものを選別する機能を持つ。 3 Apāna Vāyu (吐く息に関係)...
etc. · 2020/09/01
(YS.2.1) サーダナ(ゴールに向かうプロセス)の結論=クリヤーヨーガを最初に紹介 (YS.2.2) クリヤーヨーガの目的はサマーディに向かうことと、クレーシャを減らすこと   ⬇︎ (YS.2.3-9) クレーシャ(苦しみの原因)について   ⬇︎ (YS.2.10-11) クレーシャを避けるためのTipsを紹介   ⬇︎ (YS.2.12-14) クレーシャがもたらすものを紹介   ⬇︎ (YS.2.15-17)...
etc. · 2020/08/27
(YS.1.1-16) ヨガの定義とマインドのアクティビティをさくっと説明   ⬇︎ (YS.1.17-18) サマーディをさくっと紹介   ⬇︎ (YS.1.19-23) サマーディへの道筋を紹介 ・生まれつきものごとをすべて正確に理解できる ※特殊ケース   or ・強く揺るがない信念+目的を見据え続ける   or ・信念が強くない場合はイーシュヴァラ(至高の存在)への委ね   ⬇︎ (YS.1.24-29)...
etc. · 2020/08/04
瞑想ってどういう状態なのでしょうか。 それは高いところから低いところに流れる油やハチミツみたいに、とめどなく対象に向かって思考が注がれている様子で急に止めることはできない没頭状態をさします。...
etc. · 2020/07/19
ヨガは大きく分けて①ヴェーダのヨーガ哲学か、②ヴェーダのヴェーダーンタ哲学によるヨガか、③ヴェーダ以外のヨガ(宗教)かに分類される前提から、①の目線で解説したいと思います。 結論を申し上げると、①のヨガについては一元論も不二一元論も二元論もなく、個人の思想や信念であって、ヨーガ哲学ではそれを問いません。...
About Akasha · 2020/05/01
2000年台では学ぶことが難しかったヨガスートラも、2020年現在では本も出ているしWeb上でも意訳を拾うことができます。 一方でインド哲学の根幹にある学び方は、自分の先生から教わることです。 どれだけ本にかじりついて学んだとして、それだけでは不完全だという理由は、サンスクリット語の文献は文字ではなく音の知識だからなのです。...
etc. · 2020/04/26
それはふたつあって、ひとつは楽しむこと・経験すること。 おいしいものを食べたり ショッピングしたり 美容院に行ったりネイルしたり 映画を観たりお芝居を観たり 旅行に行ったり etc... でもそのことばかり追っていても、なんだか満たされない。。 その理由は、プルシャ(本当の自分)が望む経験したいことじゃないから。 ・・・...
etc. · 2020/04/19
ウィキペディアによる流派の分類は、以下の通りです。 ハタヨーガ・カルマヨーガ・バクティヨーガ・ジュニャーナヨーガ これってバガヴァッド・ギーターから引用してきた考え方なのだと思うんです。 つまり、このカテゴライズは流派/スタイルではないって思ってます。 流派/スタイルって師がいることが前提で、それがインドの伝統なんです。...
etc. · 2020/02/18
インド哲学(Visnu Purāna)がいうところの、苦しみは3つ。 1つめは、じぶん自身が原因になる苦しみ。 強い欲望・怒り・強欲さ・思い込み・傲慢さ・嫉妬 etc.マインド(思考)の汚れが、病気の元だったりトラブルの元になるもの。 これを回避するためには、ヨガだったらヨガのポーズとか呼吸法とかしてマインドの汚れをクリアにすること。...
etc. · 2020/02/16
心を落ち着けるってよく聞きますよね。 落ち着けるのは心なのかマインド(思考・気分・感情)と言ったら、やっぱり正しくはマインドなんです。 どちらも同じなんじゃないかなって思うかもしれませんが、そうじゃないことを説明します^^ ・・・ 心には3つ意味があります。 ひとつは臓器としての心臓。 ひとつには太陽神経叢のコンセプト。...

さらに表示する