· 

ヨガと腹式呼吸


呼吸は無意識でもできるし、内臓も無意識で動きます。

 

とはいえ、私たちの気分や感情の影響を受けて、内臓の働きは変化します。

これは、健康にかかわる重大なこと!

 

での、気分や感情がどういう状態かは、呼吸に現れます。

 

そして逆に、呼吸をコントロールすることで、気分や感情をコントロールできるんです。

 

このことは、ヨガ哲学がまとめられた縄文時代から不動の事実だし

呼吸と自律神経の働きは、現代において周知されてると言っていいですよね。

 

ここでポイントは、コントロールされた意識的な呼吸であること。

※意識的な呼吸をするための最初の一歩は、こちらをご覧くださいね^^

 

それは、呼吸の原則のひとつ、腹式呼吸です。

 

お腹をへこませるように吐いて

お腹を膨らませるように吸って

 

このインストラクションを、聞いたことあるし、実践したことある方も多いんじゃないかと思います。

 

ただ、吸う息は難しいんです。

呼吸が苦しくなるのは、だいたいが吸う息が原因。

 

吐く息でお腹をへこませてーーー、は正解!大原則です。

 

そして、吐く息がじょうずになると、吸う息にも意識を向けますが

最初は、好きなように、自由に、気持ちがいいように吸っていただきます。

 

決してお腹を膨らませるように、とは言いません。

  

 

鳥かごみたいなあばら骨の中に納まっている肺は、胸骨や肋骨が動かないと拡がらないものだそう。

 

一方、肺の周りの骨格筋を動かさずに息を吸って、肺を膨らまさずに横隔膜だけを押し下げて

 

結果、お腹を膨らませることは可能です。

 

このことを腹式呼吸として実践している現場を、数多く見てきました。

 

結果(ゴール)よりも、“今”にフォーカスすることがヨガ。

 

吸う息が、どういう風に胸に入ると感じるのか

吐く息が、どういう風に下腹部から押し出されていると感じるのか

 

呼吸は私たちの生理機能だったり、感情や思考から、人間性や精神性にまで影響します。

 

そんな、きちんと機能する呼吸を身に着けましょうね😊😊


お問合せ


メモ: * は入力必須項目です