· 

ヴェーダーンタ vs ヨーガ


インド最古の文献 ヴェーダは、その見方や捉え方が違う6つの学派を持ちます。

 

クリシュナマチャリヤ師は、6派すべてを修得していて、すべての見方で説明できたそう。かつ、それぞれの盲点を指摘できたからこそ、違う学派の学者ともディベートできたそう。

 

うちが一番!ってことじゃなく、そもそも見方が違うって話です。

 

世界的によく見られる傾向は、ヨガに興味を持って→もっと知りたくなってインドに渡って→ヴェーダーンタを学んでくる。

 

なぜならヴェーダとしての、ヴェーダーンタをきちんと教われる場所はあるけれど、ピュアなヨーガを教われる場所はないに等しいから。

 

ちなみに、ヴェーダーンタの哲学とヨガの実践を合わせたものがピュアなヨガだという意見を聞いたのですが、どう思いますか?

 

個人的に、それはピュアなヴェーダーンタでもピュアなヨーガでもないと思います。

 

なぜなら、ヴェーダーンタにヨガの実践は必須とされていない。

また、当然ながらヨーガには独自の哲学があるので、ヴェーダーンタの哲学は必要じゃない。

 

あえて分かれているものをミックスしないで、それぞれを尊重してほしいと思ってます。

 

・・・

 

わたしがお伝えできることはヨーガなので、ヨーガスートラを例にして説明してみますね^^

 

ヨーガ派パタンジャリチームは、2章が大切って考えています。それは、わたし達の苦しみの元になるマインドの汚れについてと、そのソルーション

 

次に1章で、マインドの説明。次に瞑想についての3章ときて、乱暴な言い方をするとあらゆる束縛からの解放な4章はおまけ。

 

もちろん初めから4章だけ(=Mukti)を求める人もいます。でも、それだったらヴェーダーンタを学びたいなって個人的には思ったりもします。

 

・・・

 

ヨーガは、20~60代の仕事や子育てや、その他もろもろ社会とのつながりが主要な世代向け。

 

だって、そういう世代があらゆる束縛からの解放って無理じゃないですか。

 

もちろん精神面のことで、世を捨てる的意味じゃないにしろ、日々日々マインドに波が立つのがファミリーステージ世代。

 

ヨーガの目的は、実践的に効率よくイライラモヤモヤなマインドをクリアにすること。そのことによって、物質的な恩恵(=Bhukti)を受けること。

 

平たく言うと、ストレスマネジメントによって心身の健康を維持しつつ、満足できる環境(関係)をつくりあげ、社会的成功を手にすること。

 

現代に生きる“仕事や子育てや、その他もろもろ社会とのつながりが主要”な世代にぴったりフィットしますよね?!

 

普遍的な哲学って、そういうものなんです😊

 

そんなわけで、ヴェーダーンタの見方とヨーガの見方は違うってことをお伝えしました😊😊


お問合せ


メモ: * は入力必須項目です