· 

瞑想について


ことばとしては、ディヤーナムが瞑想という意味だけれど

 

ダーラナー(対象に集中すること)⇒ディヤーナム(瞑想)⇒サマーディ(対象との融合、完全な理解)

 

サンヤマと呼ばれるこのサイクルが瞑想だと、ヨガスートラは示しています。

 

というのも、ダーラナー努力して一点に集中している状態

 

一方でディヤーナムは、努力なしに思考が一点へと注ぎ込まれている状態と表現され

ハチミツやオイルが流れる様子に例えられたリします。

 

その先にサマーディがあり、ディヤーナムとサマーディは個人の経験としか説明できません。

 

 

瞑想において、何に一点集中するのか。

その対象は個人によって異なり、適切な対象を選ぶ必要があります。

 

ヨガスートラでは、このことについてヴィニヨガと示しています。

 

頭に浮かぶ何かを消していくことがダーラナーではなく

特定のじぶんに合った対象に向かっていくことがダーラナーです。

 

思考がいっぱいな状態(ラジャスマインド)を静かにさせることは、ヨガのポーズが得意とすること。

じっと座って、ただただ待つのは効率が悪いんです。

 

マットなんかなくても構いませんよ^^

半畳ぐらいのスペースがあれば対応できます。

 

思考が静かになったら、呼吸法をすると明晰さ(サットヴァ)が増えて、よりダーラナーに適した状態になります。

 

ビジネスパーソンの隙間時間での実践なら、ここまででもいいぐらいかもしれませんね。

 

 

お忙しい方にこそメディテーションが助けになるのは、昨今、世間の共通認識です。

 

社会的責任が増してくる40~50代の方

色々な現実的葛藤を抱える30代の方

 

ただただ、じぶんにつながるための瞑想をぜひ😊😊


お問合せ


メモ: * は入力必須項目です