· 

ラーニング(ヨーガ哲学を学ぶ)クラスで学べること


ヨガっていうとアーサナ(ヨガのポーズ)とか呼吸法とか瞑想とか

ヨガの実践から入る人がほとんどだと思うのですが

 

そこから、しばらくして

ヨガって何なの??っていう疑問が生まれたり。

 

そんな時に、わたしがたどり着いたのはクリシュナマチャリア師の伝統。

 

クリシュナマチャリア師はインド哲学の学者の家系で

その知識は6つの学派(シャド・ダルシャナ)に網羅していることから

 

混じりけなしのピュアなヨガ哲学を伝え、実践しています。

 

わたしのメンターであるサラスワティは、もともとKYM(クリシュナマチャリアヨガマンディラム)に17年所属していて

 

その多くの時間は研究の部署にいた経緯があったり、その人柄もあってクリシュナマチャリア師の直弟子だった先生との交流も活発!

 

こういった背景からサーンキヤ哲学(ヨガ哲学の元)にも造詣が深く、ふわわーーな感じじゃない、筋が通ったヨガ哲学を学べています。

 

そんなサラスワティのヨガを、そのままにお伝えするこのクラスは

 

例えばヨガの定義だったら、バガヴァッド・ギーターだったりヨガスートラだったりの古典から紐解いてお伝えします。

 

アーサナについてだったら、アーサナは○○ですっていう定義を古典から紐解くと同時に

 

定義のひとつ、『スティラスッカム』を順守するのってどうしたらいいの?

そのためには○○することっていう原則を、実践を交えてお伝えします。

 

プラーナーヤーマについてだったら、プラーナの意味と機能とベネフィット、それとテクニックまで実践を交えてお伝えします。

  

ヨガについて知りたいことで、わたしに伝えられることでしたらリクエストも承りますので、お尋ねくださいね😊😊


ご予約 / ご質問


※ 女性のみ承り

※ 猫アレルギーの方は、事前にご相談ください

メモ: * は入力必須項目です