· 

Sri クリシュナマチャリアの伝統とは


師の伝統の礎は、ヴィニヨガというコンセプト。

これはヨガの流派のひとつではなく、ヨガの経典 ヨガスートラにも示されているコンセプトです。

 

そのことばの意味は、1人1人個別にヨガのツール(手段)を適用すること。

 

だから必然的に、グループクラスじゃなく個人のための練習となります。

そのため、アーカーシャでも1対1のプライベートレッスンを提供しています。

 

ヨガの経典 ヨガスートラでは、ヴィニヨガについて

瞑想の対象は個人に合わせて適切に用いること、として説明していますが

 

瞑想に限らずとも、例えばアーサナ(ヨガのポーズ)をするにしても

どういう呼吸の割合で、何回繰り返して、どれくらいキープするのかは個人によって異なります。

 

アーサナは、かたちやテクニックでなく、機能を引き出すことが重要。

そのベースとなるのが、呼吸なんです。

 

かつ、食事だったりライフスタイルだったりから

練習する時間帯や季節・場所や環境だったりから

 

年代・職業・(外側や内側の)強さ・個人のゴール(目標)etc. を考慮した練習をすること。

 

これが、ヴィニヨガなんです。

でも、目標って??

 

敬愛するサラスワティ先生によると

 

個人のゴール(目標)は、そんなに重要じゃなく

マインド(思考)のクリアさに向かって努力し続けるのが大切ってこと。

 

そんな地に足がついた、私たちの現実生活をサポートするもの。

アーカーシャでは、そういうヨガを提供しています😊😊


お問合せ


メモ: * は入力必須項目です