· 

ヨガとの出会い、マントラとの出会い


ヨガを始めて意識したのは、2003年ぐらいだったと思うのだけれど

 

フィットネスクラブでフィットネスインストラクターによる、セミ・プレコリオ(指導の内容がある程度決まっているスタイル)のヨガクラスがスタートしたのがその時期。

 

当時、私はエアロビクスインストラクターとして活動していて、そういった研修がもちきりだったけれど、何か違うと感じていて受講しなかった。

 

でも、ヨガの練習を始めようって気持ちにはなっていて、職場だったフィットネスクラブで指導されている、昔ながらの日本式ヨガを教えている先生のクラスに参加していた。

 

日本式ヨガって、体をほぐすような体操から始まって、「このポーズは胃腸の働きがなんたらかんたら」とか言いながら練習するみたいなスタイル。

 

最近はさすがに見かけないけれど、レオタード着て教えている先生もいらしたり。それはそれで、昭和的健康体操みたいで好きだったな。

 

今はやりのレギンスも30年後には、どうしてそんなにぴっちりした格好でヨガをしてたの?みたいな時代が来るのかしら。。

 

さておき、知り合いの先生からヨガ指導者養成コースのお誘いを受けて、ひとまずってことで受講したのが2004年。

 

巷ではヨガのインストラクターの需要が供給に追いついてなく、あれよこれよという間に、エアロビクス指導とヨガ指導が半々になったのが2005年だった。

 

2005年といえば、エアロビクスでは精力的に競技会に参加していた時期で、本格的なストレッチや筋トレやバランストレーニングをしていたから

 

ヨガに柔軟性の向上だったり、難しいポーズの習得を期待していなかった私は、「ヨガって何だろう」ってことが知りたくて、色々な流派(“○○先生のヨガ”みたいな)のクラスに参加し歩いていた。

 

そんな中、シヴァナンダヨガの練習でマントラに触れて、学んでみたいって思ったのが2007年。

 

程なくして、当時通っていたヨガスタジオで、マントラのシリーズ(1回完結ではない)クラスを開催していることを知って、参加することにした。

 

これがクリシュナマチャリヤ師の伝統との出会い

エアロビクスの指導から退くことを決めたのも、ちょうどその頃だった。

 

幸運にも、マントラから出会ったクリシュナマチャリヤ師の伝統によって、「ヨガって何だろう」という疑問も解決することになった。

 

でも、ここで終わらないのがアーカーシャ。

 

その後には、この伝統を誰からどのように学ぶのかっていう模索が続くことになる。

 

・・・

 

そんな旅もひとつの区切りを迎えようとしている今、改めて考えることは、学んできた情報をどう社会に還元できるのか。

 

非日常のキラキラした一面ばかりではなく、スピ系でもニューエイジ系でもない、普遍的で地に足が付いたインドの哲学に基づくヨガを、マサラ臭なしに伝えること。

 

そんなアーカーシャですが、どうぞよろしくお願いいたします😊


お問合せ


メモ: * は入力必須項目です