· 

プラパッティ vs バクティ


クリシュナマチャリヤ師がまとめたYoga Rahasyaによると、ヨガはプラパッティとバクティに分類されるってこと。つまるところは、ヴェーダか否かってことみたい。

 

バクティヨーガはパタンジャリ・チームで、ヴェーダの一派。つまり、哲学的ヨガ。

  

プラパッティヨーガはナタムニ・チームで、“神への完全なる帰依”って説明されている。つまり、宗教的ヨガ。

 

・・・

 

でも、神への帰依って言われるのはバクティヨーガでは??

 

その答えは、プラパッティヨーガは、猫の赤ちゃんのように運ばれる。つまり、母猫に完全に委ねた状態。

 

バクティヨーガは、猿の赤ちゃんのように運ばれる。つまり、母猿にしっかりしがみついている(意思がある)状態。

 

こんなふうに、帰依の仕方が違うんですって。

 

インド人にとっては、自宅に祭壇があったり、日々灯をともしたりしているから“神への帰依”は前提としてあるのでしょう。

 

ただ、ヨーガは特定の神(宗教的な神の概念)を持ちません

 

インド人から学ぶときには、その前提を理解している先生かそうでないのかを考慮した方がいいかと思います。

  

・・・

 

ちなみにアーカーシャは、ヨガスートラをベースにした練習を提供している

宗教じゃない方のヨガです。

 

すべては個人のお好み。ごじぶんに合うヨガを探してくださいね😊


お問合せ


メモ: * は入力必須項目です