· 

プラパッティ vs バクティ


クリシュナマチャリヤ師の先祖 ナタムニがまとめたYoga Rahasyaによると、ヨガはプラパッティとバクティに分類されます。

 

つまるところは、ヴェーダか否かってことになります。

 

バクティヨーガはパタンジャリ・チームで、ヴェーダの1派。

つまり、哲学的ヨガ。

  

プラパッティヨーガはナタムニ・チームで、“神への完全なる帰依”って説明されています。

つまり、宗教的ヨガ。

 

・・・

 

ここで疑問が生じるのは、バガヴァッド・ギーターで語られる神への帰依はバクティヨーガ。

 

つまり、どちらも神への帰依?

 

その答えは、帰依の仕方が違うことで説明されます。

 

プラパッティヨーガは、猫の赤ちゃんのように運ばれる。

つまり、母猫に完全に委ねた状態。

 

バクティヨーガは、猿の赤ちゃんのように運ばれる。

つまり、母猿にしっかりしがみついている(意思がある)状態。

 

インド人にとっては、自宅に祭壇があったり、日々灯をともしたりしているから“神への帰依”は前提としてあるのでしょう。

 

 

ちなみにアーカーシャはヨガスートラに則った練習を提供している、宗教じゃない方のヨガです。

 

すべては個人のお好み。

ごじぶんに合うヨガを探してくださいね😊


お問合せ


メモ: * は入力必須項目です