· 

スワーディヤーヤとプラバチャナ


スヴァーディヤーヤは経典による学びという意味です。

 

さらに補足するなら、独学ではなく先生から学ぶことをさします。

 

なぜなら古代語でまとめられた経典を原文で学ぶためには、正しい先生(同じ経典でも思想によって捉え方が異なるため)が必要だからなんです。

 

このような学びからの、内観/内省を含めてスヴァーディヤーヤといいます。

 

ヨガ哲学をかじった方はニヤマのひとつだとピンくるかもしれないスヴァーディヤーヤのプロセス

  1. Shravana(シュラヴァナ):to hear / 聴くこと
  2. Manana(マナナ):to reflect / 熟考すること → 疑問があったら先生に聞く
  3. Nididhyasana(ニデッディヤーサナ):to meditate / 没頭すること 

また、クリヤーヨーガのプロセスを思い出したりするかもしれませんね。

  1. Tapa(タパ):austerity, purification through heat, self-discipline
  2. Svadhyaya(スヴァーディヤーヤ):study of texts, self-study
  3. Isvarapranidhana(イーシュヴァラプラニダーナ):devotion, surrender

スヴァーディヤーヤの前には、タパが求められていることがポイントです。

 

お勉強するには、受け取り手の土台(状態)が大切だということになります。

 

・・・

 

プラヴァチャナは、学んだことを(知りたいと思ってる人に)伝えること。

 

そのことで、またスヴァディヤーヤが深まります。

 

いわば、教えることは学ぶことなのです。

 

こういったこと(プラヴァチャナさせてもらってる)から、ヴェーダーンタを伝える先生は生徒から授業料をとらない場合が多いのです。

 

その代わりに、これがまた難しいところではあるのですが生徒はダクシナ(尊敬や感謝の気持ち)としてお金を包んだりするようです。

 

話がそれましたが、、

 

スワーディヤーヤとプラバチャナというヴェーダにおける学びのプロセスについてでした☺️☺️