· 

ヨガの流派/スタイルについて


ウィキペディアによる流派の分類は、以下の通りです。

 

 

❶ハタヨーガ・カルマヨーガ・バクティヨーガ・ジュニャーナヨーガ

 

このカテゴライズは流派/スタイルではないと思ってます。

 

なぜならインドの伝統では、師の存在が前提だからです。

 

師をもたない伝統は、伝統ではありません。

日本の茶道のような伝統にあてはめてみたら、想像に容易いですよね。

 

もっというと、クリシュナマチャリヤ師の伝統におけるヨガの分類はヴェーダかヴェーダじゃないかしかありません。

 

 

カルマヨーガ・バクティヨーガ・ラージャヨーガ・ジュニャーナヨーガ

 

バガヴァッド・ギーターによる考え方で、流派やスタイルではありません。

 

ヨガアーサナをして、哲学はヴェーダーンタ

 

哲学としてインド人が教えるものはヴェーダーンタがほとんどなので、それにプラスしてヨガアーサナを健康体操として行うケースが多いのだと思います。

 

お分かりいただきたいのは、ヴェーダーンタにとってヨガアーサナは必須ではありません。

 

ヨーガにはヨーガ独自の哲学があります。

ヨガ哲学と言われているものの大半はヴェーダーンタ哲学で、認識されていないだけです。泣

 

 

ハタヨガ

 

日本でなら、沖ヨガがポピュラーです。

沖ヨガは沖先生のヨガなので、流派と考えていいと思います。

 

特徴は、身体のほぐし体操から入ること。

足の指を回したりすることから練習に入るスタイルはインドや西欧では見ないけど、健康体操としていいなと好感を覚えるスタイルです。

 

さらにこれらから発展して、複数のメソッドをミックスしたヨガが昨今あります。

  

・・・

 

ヨガが多様化され商業化されすぎて、何がヨガなのか混乱を極めている人が多いですが、最初に何かいいと感じた直感を信じて、ぜひ追求してほしいなと思ってます。

 

長い期間かけての探求を通して得られる、じぶん自身の成長や変化を楽しんでくださいね☺️


お問合せ


メモ: * は入力必須項目です