· 

ヨーガスートラ第1章を駆け足で説明!


サマーデイ(本当の自分を理解すること) パーダ(章)


(YS.1.1-16)

ヨガの定義とマインドのアクティビティをさくっと説明

  ⬇︎

(YS.1.17-18)

サマーディをさくっと紹介

  ⬇︎

(YS.1.19-23)

サマーディへの道筋を紹介

・生まれつきものごとをすべて正確に理解できる ※特殊ケース

  or

・強く揺るがない信念+目的を見据え続ける

  or

信念が強くない場合はイーシュヴァラ(至高の存在)への委ね

  ⬇︎

(YS.1.24-29)

イーシュヴァラの紹介

イーシュヴァラとつながるためにOMチャンティング

◎そのことで本当のじぶんとつながるし、次に挙げる障害に邪魔されない

  ⬇︎

(YS.1.30-31)

サマーディへの障害と症状を説明

[障害]

(1)病気 (2)怠惰 (3)迷い (4)不注意 (5)倦怠感 (6)ヴァイラーギャーの欠如 (7)じぶん自身についての幻想・思い込み (8)基礎・基盤が得られない、すぐやめてしまう (9)あるところまで達成できても維持できない、元に戻ってしまう

[症状]

感情的な苦痛・マイナス思考・身体的な不快感(震えなど)・呼吸の乱れ

  ⬇︎

(YS.1.32-39)

障害を回避するための解決策

・ひとつの原則に従う

・幸せな人に対しては友好的な態度で、苦しんでいる人に対しては思いやりを持った態度で、良いことをしている人に対しては喜びを向け、悪いことをしている人に対しては平静でいる

  or

意識的な呼吸:長く吐く息と、吐いた後に止める息

  or

ハイレベルな知覚によってマインドの傾向を観察する

  or

内側にある苦しみや悲嘆のない輝きとつながる

  or

欲望や執着がないお手本になる人をメディテーションする

  or

夢や熟睡から得られた知性によるサポート

  or

興味や関心のある対象に没頭する

  ⬇︎

(YS.1.40-51)

サマーディをしっかり紹介

 

なんとなくお気づきのように、ヨガスートラには選択肢があるんです。

 

頭でっかちに’’こうすべき、こうあるべき’’じゃなく、無理なくできることを選んでみたら?というような提案を感じるヨガスートラだから私は大好き☺️

 

それでも絵に描いた餅になりがちだから、第2章では私たちが陥るパターンを教えてくれているし、その実践的な解決策を提案してくれています。

第2章を駆け足で説明

 

そんなヨーガスートラに興味を持った方は、伝統的な学び方で行うサークル個人クラスをぜひ🌈✨


お問合せ


メモ: * は入力必須項目です