· 

内臓(コーシャ)を意識した呼吸法


9世紀にまとめられた文献 Yoga Rahasyaによる生理機能(内臓)を意識した呼吸について説明します

  1. Svāsa kośa / 肺
  2. Anna kośa / 胃
  3. Mūtra kosa / 膀胱
  4. Mala kośa / 直腸
  5. Rajo or Virya kośa / 生殖器官(男女それぞれ)

・・・・・・・

  • すべての呼吸(吸う息と吐く息)の後には1〜2秒の保持する'間'を入れます
  • 呼吸の長さの割合を吸う:吐く=1:2になるようにします
  • 呼吸の長さ(スピード)のコントロールを喉でします=ウッジャイ

1 Svāsa kośa / 肺

  • 肺の浄化を促します
  • 肺だけに意識を向けた、いわゆる胸式呼吸です
  • そうすると胃のあたりが動くかもしれないけれど、その場所ではなく鎖骨より手のひらひとつあけた場所(左右の肺の真ん中)を目安にしてください
  • 高血圧の人は一生懸命やりすぎない方がいいです
  • できる方はSukhasana (ググると出てきます)でお座りください

 

<やり方>

 

まずは、2秒で息を吸って肺を膨らませ

 ↓

吐く息(4秒ぐらい)は、肺をリラックスさせることに意識を向ける

 

※肺だけに意識を向けたいので、吸う息は4秒ぐらいに留めておいた方が効果的です


2 Anna kośa / 胃

  •  消化(肉体的・精神的)と胃の浄化を促します
  • できる方はBrahmasana (ググると出てきます)でお座りください

 

<やり方>

 

イスに座って足をやや広めに開きます

 ↓

上半身をねじって左膝の上に右手を置き、その上に左手を置きます

 ↓

息を吸いながら、胸(2秒)〜おへその上(1〜2秒)まで膨らませます

(上半身をねじっているので3秒ぐらいを目安にしてください)

 ↓
息を吐きながら、おへそ〜胸までリラックスさせます


※6呼吸終わったら反対側も同様に行います


3 Mūtra kosa / 膀胱

  • 膀胱(腎臓)の浄化を促します
  • できる方はSiddhasana (ググると出てきます)でお座りください

 

<やり方>

 

息を吸いながら、胸(2秒)〜おへその上(1〜2秒)まで膨らませます

 ↓

腹圧を使いながら(4〜6秒ぐらい)で息を吐きます


4 Mala kośa / 直腸

  • 直腸(大腸)の浄化を促します
  • できる方はPadmasana (ググると出てきます)でお座りください

 

<やり方>

 

息を吸いながら、胸(2秒)〜おへその上(1秒)〜下腹部(1秒)まで膨らませます

 ↓

息を吐きながら、下腹部〜おへそ〜胸までリラックスさせます


5 Rajo or Virya kośa / 生殖器官(男女それぞれ)

  • 生殖器官の浄化を促します
  • できる方はBahada Konasanasana (ググると出てきます)でお座りください

 

<やり方>

 

リラックスしながら息を吸って

 ↓

リラックスしながら吐いて

 ↓

息を吐いた後に、3〜5秒呼吸を保持します

 

※呼吸を保持している間、ムーラバンダを(締めようとせず)意識してください