21/ ヨーガ学派の瞑想について


ヨガ(いわゆる体を使った練習)で体をリラックスさせて

それから、瞑想をする

 

このようにヨガと瞑想を切り分けて認識することが、現在主流ですよね。

 

そういった捉え方は、現代のハタヨガと呼ばれるものだと見てますが

 

私は効率主義なので、体がリラックスするぐらいの目的なら

お風呂に入るかマッサージに行きます。

  

じゃあ、何を目的に体を使った練習をしているのかと言えば、あくまで集中するためです。

 

体を使っているので体もスッキリしますが、それが最大の目的というわけではありません。

 

むしろ、体の状態がよくなるのは当たり前すぎてヨガスートラにも示されていません。

 

この辺りが、いかにもマインドの活動に基づく実践をするヨーガ学派の経典だなと感じるところです。

 

・・・

 

また、多くの人は頭の中のおしゃべりを静かにさせることが瞑想だと考えますよね?

 

このことをマインドの変動を穏やかにさせると表現するヨーガ学派では

 

体を使った集中によって、それをなし得ます。

 

古代から、それが一番効率的とされているからそうしているわけで

 

中世に生まれたハタヨーガは全く別の理論とすら考えられています。

 

当然ながら集中するための手法も、やっぱりハタヨガとは異なります。

 

ヨガがひとつではないように、練習の目的もやり方もひとつではないんです。

 

・・・

 

こうしてヨーガ学派の瞑想では、まず最初に効率よく思考を静かにさせます

 

それから、じっくり(五感の制御に向かって)呼吸法をすること。

 

さらに必要に応じて、深く深く内側の世界に向かっていくことまでの全部が瞑想なんです🌈✨

 

皆さんはどうお考えになりますか?