25/ 不安や恐怖をどうやってケアする??


死別、離婚、引越し、転職、部署替えや昇進etc.

変化は苦しみの原因の1番目にノミネートされていて

 

例えポジティブで自分にとって好ましい変化だったとしても、やっぱり心配や不安はあるものなんです。

 

ただでさえそうなのに痛みの感情を伴うものだとしたら、体やメンタルに与える影響も大きいわけで

 

そんなときには、ただただゆっくりするしかありません。

 

例えばパニックアタックだったり

そこまででなくても動悸だったり焦燥感があったり

 

そんな症状は深い場所にある恐怖が原因だそうで、その原因を特定するのは難しいと言います。

 

私の先生のシュリダールのアドバイスは、例えばヨガのポーズなら寝た姿勢で行います。

 

とにかく必要なことはリラックスすることと、専門用語ではランガナ(浄化を促す)の練習となります。

 

・・・

 

社会不適合とみなされたら死を意味するとばかりに自分自身をプッシュしがちな傾向がある世の中ですが

 

何かしらの症状や今までなかった変化に気づいたら、周りの人や社内の人に相談して

 

病気になる前こそ、状況を説明して休暇(できたら1週間以上)を取ったらいいと思ってます。

 

それが許されないとしたら、終身雇用だったり右肩上がりの給与システムが崩壊してる昨今で

 

会社に残る理由なんて見つかりにくいですよね。

 

ひとたび健康を害すると、それを取り戻すのはできる場合とできない場合があるし

 

体の病気になるとメンタルにも不調が出るし

メンタルの病気になると体にも不調が出るし

 

結局は何を選択するのかが大きく問われるのかなと考えています。

 

毎日のヨガ瞑想は、そう言った意味でもサポートできるんです🌈✨

 

皆さんはどうお考えになりますか?