4回目の日曜日は、PrakritiでVarna(フェイシャル)とか


先週は、火曜日に再度アーユルヴェーディックドクターに会いに行ってきて

 

その時に言われたことが、あまりにもあまりにも確信をついたことで、受け止められずにいたまま

 

水曜日にアセスメント(試験みたいなの)があって、ストレスがマックスになって

木曜日と金曜日は、インターンシップは半日ぐらいにしてゆっくり過ごして

 

土曜日もゆっくり過ごしちゃおうかな、、って思ってたら

ローカル生たちのマンスリーモジュールだったから、急きょ参加!

 

1日フルに集中しまくったら、本当に疲れた。。

 

での日曜日も、なんだかバタバタ。

 

おばあちゃんちにお昼ご飯を食べに行ってから、ようやくお勉強する気になったギーターの翻訳本を買いに行って

 

からの、アーユルヴェーダのフェイシャルトリートメント(すっごくおすすめ)の前に

ローカルの人が集うベーカリーカフェでひと休み。

ケーキは大概おいしくないけど、ブラウニーは卵なしでもまあまあおいしいと思うの。

 

での、アーユルヴェーディックドクターの話に戻るけれど

 

クリシュナマチャリア師の伝統では、KYMとか脈診(ナーディ・パリークシャー)するんだけれど、私の母校ではしないのね。

 

クリシュナマチャリア師は、アーユルヴェーダもマスターしていた人だから分かるけれど

やっぱり脈診はドクターじゃないと、本当のところ大したことは分からないものじゃない。

 

トリドーシャとかぐらいなら、まあ問診とか視診とか触診とかでも分かるし。

 

一方でドクターって、何通りも何通りも脈をとって

で、色んなことがばれちゃうんだな。

 

私の母校にゆかりのあるドクターで、私のことも知ってるからなおさら

厳しい言い方をしたわけじゃないし、厳しいことを言われたわけじゃないのに、言い当てられたショックっていうか。。

 

そんな先週だったけれど、いやいや、腹はくくれましたわ。