About Yoga

About Yoga · 06日 8月 2016
ヨガは呼吸が大切って聞くけれど 難しいし、苦しいし、よくわからないってのが正直なところだったりしませんか? それは、ただひとつの原則を伝えられていないからなんです。 この原則を押さえてこその、その他の呼吸のテクニックなんです。 その原則は、息を吸った後のポーズ。息を吐いた後のポーズ。ただこれだけ。 ポーズは2秒以下呼吸を保持すること...
About Yoga · 05日 8月 2016
師の伝統の礎は、ヴィニヨガというコンセプト。 これはヨガの流派のひとつではなく、ヨガの経典 ヨガスートラにも示されているコンセプトです。 そのことばの意味は、1人1人個別にヨガのツール(手段)を適用すること。 だから必然的に、グループクラスじゃなく個人のための練習となります。...
About Yoga · 04日 8月 2016
緊張や不安や恐怖を感じたり、イライラしたり落ち込んだり、 気持ちがもやもやするようなことはマインド(思考)の汚れが原因。 この汚れをクリアにするのが、ヨガのポーズだったり呼吸法だったり瞑想だったりします。 その効果はリラックスすることのみならず、練習を通してマインドがクリアになると “こうしたい”ってことが見えてきて...
About Yoga · 03日 8月 2016
ヨガの練習がマインドの汚れをクリアにするっていう前提は、アーサナにも当てはまります。 アーサナの大きな目的は プラーナを流すこと(プラーナ・シャラナ) からだやこころの不純物をクリアにすること(プラーナ・ショーダナ) 平たく言うと、活力に満ちていて五感も正しく機能していて 肉体的にも精神的にもいい状態で、生理機能もきちんと働いている...
About Yoga · 02日 8月 2016
呼吸=プラーナは生命力/活力。 わたしたちの体にはナーディという、目には見えない、神経よりも微細な プラーナが流れる経路があると考えられていて プラーナーヤーマをすると、ナーディにプラーナが充満して ナーディのごみがお掃除されるんですって。 ナーディの通りが悪いと、元気が出ない/やる気が出ないだけじゃなく...
About Yoga · 01日 8月 2016
ことばとしては、ディヤーナムが瞑想という意味だけれど ダーラナー(対象に集中すること)⇒ディヤーナム(瞑想)⇒サマーディ(対象との融合、完全な理解) サンヤマと呼ばれるこのサイクルが瞑想だと、ヨガスートラは示しています。 というのも、ダーラナーは努力して一点に集中している状態。...
About Yoga · 31日 7月 2016
ヤマ : 社会(他者への振る舞い)に対する規律・鍛錬 アヒンサー : (考えや言葉や行動で)他者を傷つけない サティヤ : 正直、誠実 アステーヤ : (物質的なものから、そうではないものまで)盗みをしない ブランハチャリア : (婚姻)関係の責任、義務 アパリグラハ : 受けるに値する以上の財産を受け取らない ニヤマ : じぶん自身に対する規律・鍛錬 シャウチャ :...