テレビや(動画配信サービスを含めた)デジタル情報は、ボーーっと見ているつもりでも脳が休まないってことで マインドレスではあっても、デフォルトモードネットワークが活性化しないっていう説明がピンときたんです。 YouTube #もぎけんの情熱脳教室 より 脳の本当のやすめかた。...
変化を避けたく思うのは、結果がわからないことよりも 今、とりあえず我慢できている状況を選択したい気持ちがあるからだったりしますよね。 とはいえ我慢することによって、さらに状況が悪くなって あまりに状況が悪くなると、もう自分ではどうすることもできなくなってしまうもので、その段階は危険をはらんだりもします。 ・・・...

ネガティブなことに意識を向けるとマインドが活発になる(想像や記憶が強化される)から そこに意識を向けない方がいいという考え方があります。 だったらそもそも、ネガティブな印象をもたらす環境にいないことが一番だったりするわけですが 人や社会との関わりがあって 私たちにマインドというものがある以上 常にものごとにはいい面と悪い面があるし...
死別、離婚、引越し、転職、部署替えや昇進etc. 変化は苦しみの原因の1番目にノミネートされていて 例えポジティブで自分にとって好ましい変化だったとしても、やっぱり心配や不安はあるものなんです。 ただでさえそうなのに痛みの感情を伴うものだとしたら、体やメンタルに与える影響も大きいわけで そんなときには、ただただゆっくりするしかありません。...

努力によって自分の目的を勝ち取ることができるなんて、戦後から数十年はそういう時期があったかもしれないけれど それはもはや幻想だよねって考える人が徐々に多くなってきている昨今ですよね? でも、前時代的なあり方を覆すには至ってないから 努力による成果が受け取れないにも関わらず、プレッシャーだけはかけられているのが今なんです。つら、、、...
自己啓発が好きな人は、偉人の言葉や名言が好きな人って多いですよね。 「考えるな感じろ / Don't think! Feel!」もそのひとつ。 映画を観た人だったら、そこに至るまでの過程に熟考や努力があったからだと掴み取ることができて何か胸に響くものがあるわけです。...

学びの基本は興味だと思ってるんです。 その興味に向かってどんどん掘っていくと、可能性や方向性が見えてきて そこからさらに新しい興味に向かっていく。 そして重要なのは、そのための取捨選択ができていくことなんです。 学ぶことでどんどん自由になれるのは、自分には何が必要で...
ヨガ(いわゆる体を使った練習)で体をリラックスさせて それから、瞑想をする このようにヨガと瞑想を切り分けて認識することが、現在主流ですよね。 そういった捉え方は、現代のハタヨガと呼ばれるものだと見てますが 私は効率主義なので、体がリラックスするぐらいの目的なら お風呂に入るかマッサージに行きます。...

セルフケアなしに日々過ごしてると、ある日病気が発覚してまとまった期間を治療にあてることを余儀なくされるかもしれないですよね。 それを神様からもらった休息と表現する人も多いかもしれないけれど そもそも日頃から朝晩10分ずつだけだとしても自分に向き合う時間が持てていたなら、そういった状況にならない選択をしていたかもしれません。...
才能ってなんだろうってことを考察してみました。 継続は力なりっていう言葉がありますが、私は努力っていう表現は好きじゃなくて それはどうしてかっていうと、好きでやってることは努力とは思わないからなんです。 継続には、疑問を持たずただ言われた通りにするっていう仕方もあって...

さらに表示する