Learning

Learning · 2020/10/24
1 Annamaya (body,physical) 2 Pranamaya (breath/prana, physiological) 3 Manomaya (knowledge and thoughts, intellect) 4 Vijnanamaya (inner will and ability to discriminate, personality) 5 Anandamaya (sense of joy, contentment)
Learning · 2020/10/11
9世紀にまとめられた文献 Yoga Rahasyaによる生理機能(内臓)を意識した呼吸について説明します。 Svāsa kośa / 肺 Anna kośa / 胃 Mūtra kosa / 膀胱 Mala kośa / 直腸 Rajo or Virya kośa / 生殖器官(男女それぞれ)  <Point> すべての呼吸(吸う息と吐く息)の後には1〜2秒の保持する'間'を入れてください 呼吸の長さの割合を吸う:吐く=1:2になるようにします...
Learning · 2020/09/19
1 Prāṇa Vāyu (吸う息に関係) 喉からみぞおちにかけて下に向って流れるエネルギーで、呼吸や食べ物や五感を通して得たエネルギーを取り込む機能を持つ。 2 Samāna Vāyu (吐く息に関係) おへそに向かって集まるように流れるエネルギーで、(精神的・肉体的)消化および必要なものといらないものを選別する機能を持つ。 3 Apāna Vāyu (吐く息に関係)...
Learning · 2020/09/01
(YS.2.1) サーダナ(ゴールに向かうプロセス)の結論=クリヤーヨーガを最初に紹介 (YS.2.2) クリヤーヨーガの目的はサマーディに向かうことと、クレーシャを減らすこと   ⬇︎ (YS.2.3-9) クレーシャ(苦しみの原因)について   ⬇︎ (YS.2.10-11) クレーシャを避けるためのTipsを紹介   ⬇︎ (YS.2.12-14) クレーシャがもたらすものを紹介   ⬇︎ (YS.2.15-17)...
Learning · 2020/08/27
(YS.1.1-16) ヨガの定義とマインドのアクティビティをさくっと説明   ⬇︎ (YS.1.17-18) サマーディをさくっと紹介   ⬇︎ (YS.1.19-23) サマーディへの道筋を紹介 ・生まれつきものごとをすべて正確に理解できる ※特殊ケース   or ・強く揺るがない信念+目的を見据え続ける   or ・信念が強くない場合はイーシュヴァラ(至高の存在)への委ね   ⬇︎ (YS.1.24-29)...
Learning · 2020/08/04
瞑想ってどういう状態なのでしょうか。 それは高いところから低いところに流れる油やハチミツみたいに、とめどなく対象に向かって思考が注がれている様子で急に止めることはできない没頭状態をさします。...
Learning · 2020/04/26
それはふたつあって、ひとつは楽しむこと・経験すること。 おいしいものを食べたり ショッピングしたり 美容院に行ったりネイルしたり 映画を観たりお芝居を観たり 旅行に行ったり etc... でもそのことばかり追っていても、なんだか満たされない。。 その理由は、プルシャ(本当の自分)が望む経験したいことじゃないから。 ・・・...
Learning · 2020/02/09
アシュタは“8”で、アンガは“part/limb”という意味です。 合わせてアシュターンガと読みます。 この言葉はヨガスートラの中で、ヨガの8つの枝葉として説明されています。
Learning · 2019/11/18
ヨガ哲学をかじったことのある人なら、これらふたつのサンスクリット語を耳にしたことがあるかもしれません。 なぜなら、ヨーガスートラが示すヨガの定義のためのソルーションだからです。 その定義とは、マインド(思考・気分・感情)のアップダウンを穏やかにすること。 さらにその先にある目的は、本当のじぶんを知ることです。 ・・・...
Learning · 2019/11/03
スヴァーディヤーヤは経典による学びという意味です。 さらに補足するなら、本を読んでお勉強することではなく先生から学ぶことをさします。 そのことからの内観/内省を含めてスヴァーディヤーヤといいます。 スヴァーディヤーヤのプロセスは Shravana / シュラヴァナ:to hear / 聴くこと Manana / マナナ:to reflect / 熟考すること → 疑問があったら先生に聞く Nididhyasana /...

さらに表示する