· 

Sriクリシュナマチャリアの伝統と私


エアロビクスインストラクターからヨガインストラクターになって

ヨガって何なの??と、色んな流派のヨガの練習に参加した。

 

イシュタやクリパルやアヌサラ、、これはアメリカ由来のヨガ。

アシュタンガやアイアンガーやシヴァナンダ、これはインド由来のヨガ。

 

からの、クリシュナマチャリアの伝統。

 

その特徴は、練習が基本的に1対1なこと。

呼吸に特化したアーサナの練習法を行うこと。

ヴェーダの詠唱を積極的に取り入れること。

 

わたしはこのヨガに2007年に出会ってから、ヨガって何なの??っていう疑問がなくなった。

 

2009年までは日本で。

2010~2011年は、KYM(クリシュナマチャリアヨガマンディラム)でヴェーダの詠唱を専門的に学び

 

それからはインドに行くたびヨガについてを学ぶ中で、メンターを探す旅が始まった。

 

メンターっていっても、一般的にはティーチャートレーニングでの担当教師ぐらいなんだけれど

 

わたしは、堅苦しくないグルみたいな存在を求めていて

 

(ヨガの)道を示してくれる存在で

(ヨガの教師としての)お手本になる存在で

尊敬していて、大好きで、気が合う存在。

 

だから、まあ簡単には得られないもので

ヨガの指導は2012年11月からお休みすることにした。

 

それでも、どうにか2014年7月にサラスワティにたどり着いて

 

ところが、これで安心!って慢心してインドに行かなかったの。。

 

で、2016年2月に1年半振りにインドを訪れてお勉強を再開!

2016年3月にヨガの指導を再開できたってわけ。

 

そこから2年半が経過した2018年6月に、出会ってすぐに

この先生から教わりたいって思ったのが、サヴィットリだったの。

 

2009年から探していたメンターを、9年半にして得ることができたのは早いのか遅いのか。。。

 

でも、諦めずに探してこれてよかった。。

 

ヨガの道で目的を見失ったり、混沌の極みになったり、、

諦めたなら見れない景色があったって思うから

 

しみじみ感謝。。