· 

クリシュナマチャリアの伝統と私


エアロビクスインストラクターからヨガインストラクターになって、ヨガって何なの??と、色んなスタイルのヨガの練習に参加してきました。

 

2007年にクリシュナマチャリヤの伝統に出会ってからは、ヨガって何なの??という疑問は消え失せ、初めの2年間は日本の先生と学んでいました。

 

2009年にサンフランシスコで開催された、KYM(クリシュナマチャリヤヨガマンディラム)設立者でいらっしゃるT.K.V.デシカチャー先生のセミナーに参加。

 

2010年から2年間は、南インドチェンナイにあるKYMでヴェーダの詠唱を専門的に学びました。

 

それからも定期的にチェンナイを訪れるたびに「この伝統を、どの先生を師匠として学ぶか」を追及する中、2014年7月にSaraswathi Vasudevan(2007年まで17年間KYMに従事し、キャリアはYoga Research部門のダイレクタ→Yoga Vahini設立)にたどり着きました。

 

「誰からどのように学ぶのか」の集大成を感じていた2019年7月にSridhar D V(2002年まで12年間KYMに従事し、キャリアはYoga Studies部門のダイレクタ→Yoga Raksanam設立)に出会いました。

 

今後は引き続きインドに渡りながらも、師の伝統の礎である1対1のヨガを精力的に努めていきたいと考えてます。<2020年1月加筆>


お問合せ


メモ: * は入力必須項目です